セッションの流れ


【アロマボディトリートメントの場合】

約30種類オーガニック精油の中から、オーダーメイドでその方に一番必要な精油とオイル(植物油)を、実際に香りを嗅いでいただきながら選択していきます。
あなただけがその時に必要としている植物を一緒に選んでいきましょう。
体質や体調などをお聞かせ下さい。

【アロマフェイシャルトリートメントの場合】

お客様の肌質やお肌の調子などを考慮し、ローズ オットー、ネロリ、カモミールローマン、フランキンセンス、ラベンダー、ゼラニウムなどから1~2 種類のお好きな香りの精油と植物油でトリートメントし、最後に保湿効果の高いローションパックを行います。
使用する精油・植物油、化粧品、コットンなどはすべてオーガニックの物を使用しています。


①フットバスをしていただき、ハーブティを飲みながら、お一人お一人の体質やその日の体調などを考慮し、精油をお選びいたします。

②それらの精油の香りを実際に嗅いでいただき、お好きな香りの精油をブレンドいたします。

③ボディのトリートメントの場合、ス ウェディッシュマッサージをベースにしたトリートメントに、ストレッチやゆらし、リンパや反射区の刺激などを取り混ぜながら行うトリートメントです。

自律 神経に働きかけ、リラックスやリフレッシュを促したり、リンパや血流・毛細血管を刺激し、流れを良くし、老廃物の排出や新陳代謝を促すサポートをします。

④トリートメント後、ハーブティを飲みながらセラピストが気づいた事やアドバイスなどをお話しいたします。

ボディ150分と180分は、頭~足先(顔を除く)の全身のトリートメントで、ボディ120分は、ご希望の2~3か所(顔を除く)のトリートメントです。

フェイシャルはお顔のみのコースと、クレイパック付きのコースやデコルテトリートメント付きのコースがお選びいただけます。

(お顔のみのフェイシャルコースには、フットバスは付きません)


?アロマテラピーとは?

 

直訳すると「芳香療法」で、植物をもちいた自然療法の一つです。

私達の祖先は遥か昔、まだ薬のない時代、薬草やハーブなどの植物を心身の様々な不調や瞑想・儀式など使ってきた歴史があります。

このように歴史がある自然療法としてのアロマテラピーですが、現在は様々な研究も進んでいます。

ア ロマテラピーでは「植物の香り成分がギュッと詰まったもの=精油」を使用しますが、この精油の中には、抗炎症・鎮痛・鎮静・抗菌・抗ウィルス・免疫強 壮・血圧降下や上昇・利尿・収斂・ホルモン調整など、それぞれの精油により異なりますが、色々な働きが期待できる芳香分子が含まれています。

アロマテラピーはこのような精油を用い、心身の自己治癒力を促しサポートする自然療法です。

 

※森の種で使用している精油や植物油は、有機栽培や野生種の植物から採取されたオーガニックのものを使用しています。

(2018年現在使用しているメーカーは、マテリアアロマティカ社やプリマヴェラ社です)

 

?お顔のクレイパックとは?

 

吸収・吸着作用に優れ、繊細なお顔のケアに向いている美容効果の高いクレイのホワイトカオリナイを使用し、お顔のパックをいたします。

コットンでカバーし、目の上にも行いますので、普段目を良く使われる方にもおすすめです。

※アロマ・フェイシャル&デコルテ180分のコースは、クレイパック中に手または足(前面)の軽いトリートメントをいたします。

?クレイ(粘土)とは?

地球誕生と共に存在したとも言われるもので、何万年もかけて岩石などが地殻変動や風化などにより変化し、水分を加えると粘性を持つものです。

老廃物や膿・痛みや熱・異物などを吸着・吸収し、血流やリンパの流れを促し、身体や皮膚の再生治癒力を高めると言われています。

森の種で使用するクレイは、マイナスイオンやミネラルが非常に豊富な微粒子で、良質なグレードのクレイを使用しています。

 

?ヒーリングタッチとは?

 

優しいタッチを使い、身体的、思考的、感情的、スピリチュアルな健康をバランスさせるのを助ける、エネルギーセラピー(バイオフィールドセラピー)です。

病院、ホスピス、ケア施設、サロンやスパなど、様々な場所で活用されています。

ア メリカ国立衛生研究所(NIH)の分類において、バイオフィールドセラピー、看護介入法とされているヒーリングタッチは、NANDA-I看護診断基準であ る「エネルギーフィールドの不均衡」に用いることが可能です。(下記リンク先の NPO法人 日本ヒーリングタッチ協会 より抜粋)